自費出版せんだい

お問い合わせ

仙台の自費出版なら自費出版せんだい

自費出版せんだいの3つのこだわり

認定自費出版アドバイザーがサポート!

出版に関するあらゆることに無料相談を実施。
「原稿の書き方」や「構成」、「価格設定」や「流通方法」まで、認定自費出版アドバイザーが丁寧に対応します。
文章が苦手な方のために、原稿づくり代行も!(有料)
自費出版一筋40有余年!長年のキャリアがあなたを支えます!

校正の負担を限りなく軽減!

本を書く上で一番大変な事が何だか知っていますか?それは文章校正です。
誤字脱字や種々の不備を正すのが校正。自費出版の分野においおて、文章構成は著者に任せるのが慣習でした。
しかし、弊社は『著者は文章のプロであって、校正のプロではない』という視点に立ち、社内校正の充実に力を努めてきました。
プロによる校正が、あなたの校正負担を限りなく軽減させます。

変更時の対応が早い!

弊社は出版社でありながら印刷・製本工場を併設しています。
そのため、お客様からの変更のご連絡があれば即対応することが可能です。どこよりも早い、それが自費出版せんだいです!

新刊情報

  • 自分史・私のあしあと
    • 自分史・私のあしあと

      新出 安政 著

      A4判 100ページ オールカラー

      定価 1500円+税

    • 弊社で開発した書込式の自分史です。書いている時間がない人、何から書いて良いか解らない人、昔の記憶が薄れかけている人に最適です。幼児期から700余の設問に沿って、勿論、自分にとって不要な設問は省いて書き込んで行けば、完成するという優れものです。この世で生きて来た証に、子や孫たちのために、地域社会のために書いて見てください。

  • 終活ノート絆
    • 終活ノート絆

      新出 安政 著

      A4判 40ページ オールカラー

      定価 1000円+税

    • 少子高齢化社会の到来が叫ばれたかと思いましたら、日本の総人口の4人に1人が65歳以上の高齢者であるという超高齢化社会になって、高齢者の1人暮らしが500万人を数え、老々介護者が急増し、自分の事は自分で処理しなければならない社会になって参りました。この書込式・終活ノートは、今の自分を、より良く・自分らしく・生きるために、開発されたものです。 ◆現在の健康状態について◆介護保険と介護サービス◆保険◆年金◆財産相続◆葬儀と供養について、書いて保管して置くものです。 特に遺族が困らない為にも、遺言、預貯金、有価証券等に気を配っておく必要がありそうです。

  • 日本再生―道徳の復活と人間性の回復
    • 日本再生―道徳の復活と人間性の回復

      山下 有信 著

      A5判 306ページ

      定価 1500円+税

    • 作成中
  • ひぐらし―古里と軍隊と豚と太鼓と、そして生きること
    • ひぐらし―古里と軍隊と豚と太鼓と、そして生きること

      鈴木 欽次郎 著

      A5版 268ページ

      定価 1500円+税

    • 作成中
  • 糖尿病・七つの合併症と闘った十二年間
    • 糖尿病・七つの合併症と
      闘った十二年間

      松永 久美子 著

      四六版 206頁

      定価 1300円+税

    • 成人病の中でも糖尿病は、最もタチ(性質)の悪い病気と言っていいでしょう。合併症が怖い。結果として多臓器不全という形で命を落としかねないのですから。私の場合は、糖尿に効く良い薬が開発されているというのに、どの薬も飲めないのです。全身に蕁麻疹が出てくるという厄介な体質で、運動と食事制限で頑張るしかない。これも悲しい。辛いですぞ。本書は、糖尿病予備軍の皆さんに是非読んで欲しい。そしてその悲惨さを解ってほしい作品です。

  • 湯の岳の隼
    • 湯の岳の隼

      佐竹 令子 著

      四六版 90頁

      定価 1000円+税

    • 昔は夜語り(よがたり)と言って、子や孫たちに語り聞かせた昔話です。いろりを囲んで、お爺さんやお婆さん、お父さんやお母さんが語ったものです。話の内容は勧善懲悪説が殆どです。中でも本書は、著者が子供だった頃に語り継がれた福島県の湯の岳にまつわる話で、幼子たちに善悪を考えさせるという内容は、今日においても絶対語り継いでほしいと心から思うのです。

  • 親子 ちぎり絵 絵画集 心を短歌に込めて
    • 親子 ちぎり絵 絵画集
      心を短歌に込めて

      大崎 勝隆 著

      A4版 58頁

      非売品

    • 小社が40有余年、自費出版を専門に手掛け、4000点に及ぶ出版を手掛けて来ましたが、画集や写真集、ちぎり絵に至る作品集のキャプション(説明文)に、短歌で綴った作品は初めてであります。本書は、奥様に先立たれ、遺品を整理していたら、遺作品として残してあげようと思い立ち、その作品に夫の想いを寄せられたのである。縋り(すがり)くる くちなしの香を そのままに 我もしだいに 闇に紛れる(ちぎり絵:ひさ子作)心根の優しいご主人の心境を思うと、涙腺が緩んでくる。是非お買い求め頂きたい作品だが非売品である。老いを生きる「明石台だより」原稿用紙500枚、A5判340頁に及ぶエッセイ集である。

  • 30年の軌跡と奇跡~4つのガンを経て
    • 30年の軌跡と奇跡~4つのガンを経て

      上原 智栄子 著

      四六判 110頁

      定価 800円+税

    • 作成中

お知らせ

2016/5/26
会社概要に社長インタビュー記事をリンクしました。
2016/05/12
ホームページが新しくなりました
重要
自費出版せんだいを運営する創栄出版株式会社は「乗っ取り事件」とは一切関係ありません。